早期発見に繋がる検査

PET検査を受けてみよう

ガン細胞に気づこう

自分で、ガン細胞が体内にあると気づくのは非常に難しいです。
身体の異変を感じた時は、すでに手遅れになっている可能性が高いです。
ガンは死亡するケースも多く、非常に恐ろしい病気です。
しかし早く発見することで、生存率が高まります。
そのために、検査を受けてください。
最近はPET検査という検査が、注目を集めています。

PET検査は体内に薬を投与する方法です。
すると、薬の効果でがん細胞に色がつきます。
色がついている部分を除去すればいいので、早期発見と早期治療が可能になります。
身体に負担を与えない検査方法なので、誰でも気軽に受けられるでしょう。
健康診断を受ける際は、PET検査を実施している病院を選択してください。

小さなガン細胞も見つけられる

これまでは、医師が顕微鏡などでガン細胞がないか検査する方法が主流でした。
大きなガン細胞に気づくことはできますが、まだ初期症状の場合は小さなガン細胞なので、発見が難しいと言われています。
見逃してしまうケースも多く見られます。
PET検査なら、ガン細胞のすべてに色がつきます。
目立つので、どんなに小さくても医師は気づけるでしょう。
小さいガン細胞でも見逃がさない部分が、PET検査のメリットになります。

若くても、ガンになることはあります。
進行するのは遅いと言われますが、放置すると大きくなって命を落とします。
若い人でも油断しないで、PET検査を受けることが大切です。
1年に1回でいいので、体内にガン細胞ができていないか調べましょう。


この記事をシェアする