PET検査の方法と検査の流れ

早期発見に繋がる検査

PET検査を受けてみよう

体内に投与する薬は、ガン細胞だけに色がつきます。 細胞の大きさに関係しないので、小さなガン細胞を見つけられる部分が嬉しいですね。 仮にガン細胞があっても、小さいうちに治療すれば悪化したり再発したりすることはありません。 ガンになってないか調べたい時に、利用してください。

必要な準備を忘れないこと

予約をしてから、PET検査を受けてください。 なぜ予約をしなければいけないのかというと、事前の準備がいくつ必要だからです。 PET検査を受ける上での注意点もあるので、予約する時に聞いておきましょう。 注意点は絶対に守ってください。 守らないと、正しい結果が出ません。

基本的に動かないこと

いよいよPET検査の時間になったら、医師から言われたことをしっかり守ってください。 体内に薬を投与してからは、必要以上に動かないよう指示されます。 30分から、1時間は安静にしていましょう。 トイレもなるべく行かない方がいいので、検査前に済ませてください。

細胞を見逃がさない検査

簡単にガンになっていないか調べられるので、PET検査を受ける人が増えています。
PET検査では、まず体内に薬を投与します。
浸透すればガン細胞だけ色がつくので、発見しやすいと言われています。
ガン細胞が体内にない場合は、色が変わりません。
ガン細胞だけを見つけることができますし、どんなに小さくても見逃がしません。
これまでは、小さなガン細胞は見逃がされることが多く、見つかったころにはかなり進行している状態だったというケースがありました。

事前に予約をしないと、PET検査を受けることができません。
また問診表を書いたり、検便をするので明日PET検査を受けたいと言っても、叶わない場合が多いです。
時間に余裕を持って、予約をしてください。
また検査の当日は、余計なものを体内に摂り入れないように気をつけましょう。
当日の朝食は抜いてください。
水分補給は許可されていますが、水を飲みましょう。

点滴のように、薬を体内に注入します。
その時に動くと、うまく体内に注入できないので安静にしてください。
全体に薬が行き渡るまで、30分程度待ちます。
人によっては1時間ほど経過しないと、体内に浸透しないかもしれません。
医師が判断してくれるので、許可なく勝手に動かないでください。
薬が浸透したら、PETスキャナーと呼ばれる機械の中に入ります。
そして体内の写真を撮ったら、PET検査は終了になります。
その後はすみやかに水分を補給したり、食事をしたりしても大丈夫です。